小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

カテゴリ: 本の紹介

no title
 この本は、十数年前に私が研修指導医講習会に参加した時に紹介された本です。
 よくおぼえていないのですが、良い研修医の指導医になるためには、コーチングについて学ぶのもいいですよという感じで紹介されたのかも知れません。
 私は、コーチングというものにこの時初めて出会いました。
 コーチとは、クライアントに寄り添って、クライアントの本当の願いを聞き出し、クライアントと共に目標を設定し、その達成をサポートする人です。
 この本にはコーチングの核となるスキルが、医療現場での実例を多数まじえて、非常にわかりやすく解説されています。

 コーチングには3つの核となるスキルがあります。

 第1は「聴く」です。
 第2は「質問する」です。
 第3は「伝える」です。

 「メディカル・サポート・コーチング」とは名付けられてはいますが、医療現場だけで役立つものではありません。
 コーチングのスキルの多くの部分は、コミュニケーションスキルとも関連するものです。
 コーチングを学ぶことによって、私たちのいろいろな場面でのコミュニケーションがより良いものとなります。
 私も、コーチングを学んで実践することによって、ずいぶんと人とのコミュニケーションが良くなったと思います。

 みなさんにとっても、役に立つものが多いのではないかと思うので、この本からいろいろなスキルを今後紹介させていただこうと思います。

 今日は「ユマニチュード入門」という本を紹介します。

 どこの老人施設や病院にでも、認知症がひどくて、スタッフが手を焼く高齢者がおられます。介護に対する抵抗が強く、二人がかりで押さえつけて処置をしないといけなかったりします。
 でも、このユマニチュードという方法を使うと、あんなにスタッフの言うことを聞いてくれなかった人が、嘘のように素直に従ってくれて、介護がスムーズに進むのです。
 横から見ていると、魔法のよう、奇跡のようだと表現されます。
 ですが、これは魔法でも、奇跡でもなく、技術だというのです。誰でも知識を得て、練習して身につければ、実践可能なものなのです。
no title

 ユマニチュードは、イブ・ジネストというフランス人が体系化したものです。
 言葉でのコミュニケーションがむずかしい、認知症の進んだ方に対して、どうすれば「あなたは大切な人ですよ。」ということが伝わるか、150を超えるスキルとしてまとめられています。それぞれのスキルは誰でも習得可能、実践可能なものなのです。

 この本は入門編なので、細かい、具体的な150ものスキルは書かれていません。
 ただ基本的な4大コアスキル「見る」「話す」「触れる」「立つ」の要点について解説されています。

 こひつじクリニックでは、看護師がユマニチュードの研修を受けに行って、ユマニチュードを日常の診療に取り入れていこうとしています。
 より良い認知症看護ができるよう目指しています。

↑このページのトップヘ