小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

カテゴリ: 求人

no title

 新聞に広告を出しました。
 ご応募、お問い合わせをお待ちしています。

 このたび、新聞に求人広告を出します。
1

 ご覧のとおり、常勤医師、看護師(常勤、パート)、SE、超音波検査の技師、旅行同行の登録看護師を募集しています。

 患者さんの幸せづくりのために、ともにがんばりませんか。
 ご応募お待ちしています。

 こひつじクリニックでは、病気、障がい、高齢による体力低下などで外出が困難になった方の外出や旅行を、スタッフが同行することにより、積極的に支援しています。
 病気などで外出ができなくなると、人とのふれあいが少なくなり、気分は落ち込みがちとなり、夢も希望もなくなり、体力は低下し、認知症も進んだりします。そうなるとさらに外出が難しくなるという悪循環に入ってしまいます。
 でも、そんな患者様でも、旅行や外出ができたりすると、いっぺんに若返り、元気になり、前向き、積極的に毎日を送ったり、闘病できるようになったりするんです。

 患者様の状態などに応じて、医師が同行する場合と、看護師が同行する場合があります。

●医師が同行するのは
 ・病状が不安定な場合
 ・旅行中に点滴や注射が必要な場合

●看護師が同行するのは
 ・病状が安定している場合
 ・医師によるお手伝いよりも、看護師の方が役にたつ場合。
   看護的な処置が必要な場合は、医者ではあまり役に立たないかも知れませんので。


 患者様のこんな、すばらしい体験を手伝ってくださる看護師を募集します。ふだん、ほかのところで働いておられてもかまいません。こひつじクリニックの「旅行同行看護師」として登録していただくと、患者様から旅行同行依頼があった時に、登録看護師に依頼があったことを連絡いたします。旅行の日程や患者様の病状などについてご確認いただいた上で、同行可能ということであれば、同行をお願いします。こひつじクリニックの臨時職員という形でご勤務いただきます。患者様に同行される時間帯については1時間あたり2000円、同行はしていないが移動などのために拘束されている時間帯については1時間あたり1000円のお給料をお支払いします。その他、宿泊費、交通費、食事代などの実費はクリニックが負担します。
 同行当日までにできるだけ入念な打ち合わせをして、登録看護師の方にも、利用してくださる患者様にも、不安なく、安心して旅行にのぞんでいただけるようにいたします。

 患者様が心から喜ばれて、感謝してくれて、元気になっていかれる姿を見るのはとても感動的ですよ。患者様から教えられることも多いですし、患者様から勇気や希望をいただくこともあります。

 関心をお持ちの方は、お気軽に小松邦志 yasushikomatsu@yahoo.co.jp までお問い合わせください。



<参考のために>

「こひつじクリニックのテレビ番組の販売を開始します。」
http://yasushikomatsu.blog.jp/archives/9356957.html

「外出支援ボランティアを募集します。」
http://yasushikomatsu.blog.jp/archives/cat_210168.html

 訪問診療の患者様が増えてきたことに伴い、事務員を募集します。

 当クリニックでの事務員の仕事は以下のようなものです。
 (1)事務所での仕事
   ・医療事務
   ・請求業務
   ・各種書類の整理、発行
   ・電話対応
   ・外来受付
   ・物品の管理、発注
   ・訪問診療の物品の準備
   ・訪問スケジュール管理
   ・広報的なこと
   ・コンピューターシステムの管理
   ・その他

 (2)訪問診療に同行して
   ・車の運転
   ・処方箋や各種書類の印刷
   ・医療費が現金で支払われる場合の処理

 (3)単独で患者様宅を訪問して
   ・患者様やご家族に、書類などの説明。
   ・保険証などの確認
   ・物品などを届ける。
   ・医療費が現金で支払われる場合の処理

 上記のような仕事をお願いすることになります。
 パソコンが得意な方、パソコンいじりが苦でない方を特に求めております。

 仕事内容、お給料や条件などについてのご質問はお気軽に yasushikomatsu@yahoo.co.jp まで。

 今日はこひつじクリニック求人ネタです。

 現在、こひつじクリニックには常勤の看護師が4名います。
 うちのクリニックの看護師の主として次の4種類の仕事をしています。

 第一は「訪問看護」です。
 うちは訪問看護ステーションではないので、うちの訪問診療の患者様で訪問看護が必要な場合にうちの看護師が訪問します。訪問看護が必要になるのは、在宅で点滴が必要な場合や褥瘡など傷の処置が必要になる場合です。毎日数件の訪問看護があります。

 第二は「先回り」です。
 訪問診療の際に医師よりも先に患者さんの家に入って、バイタルサインのチェックをしたり、患者さんや家族と話をして、情報を収集し、カルテに記載します。

 第三は「同行」です。
 医師の訪問診療に同行し、医師の補助などをします。

 第四は「あと残り」です。
 医師が患者さんの家を出たあとで、尿道カテーテルの交換などの処置をします。

 うちの訪問診療は、一人ひとりの患者さんを大事にするゆっくりペースなので、いずれの仕事をする看護師も比較的、しっかり時間をかけて、仕事に取り組めると思います。
 あなたも、こひつじクリニックで、理想の在宅看護を追求してみませんか。

 お給料や条件についてはお気軽に yasushikomatsu@yahoo.co.jp までお問い合わせください。

 患者様の人数が増えてきたことに伴い、常勤の医師1名を募集します。

 こひつじクリニックは訪問診療、往診を中心としたクリニックです。
 内科的な患者様が多いのですが、一般レベルの内科診療ができるのであれば、他科の先生でもかまいません。
 当クリニックは、たくさんの患者さんをさばいて、儲けるようなスタイルではありません。
 一人ひとりの患者様とのつながりや患者様の物語を大切にし、患者様の生きがい、希望、喜びが大きくなるような関わりをすることを考えていきたいと思っています。

 こひつじクリニックでは、患者様の旅行や外出に医療スタッフが同行することによって、不可能だった旅行などを可能にし、患者様が生きがい、希望、喜びを感じられるようお手伝いするということも行っています。この働きに関心をお持ちの先生もぜひご応募ください。

 お給料や条件などについては、相談の上で決めていきましょう。
 お気軽に yasushikomatsu@yahoo.co.jp までメールください。
 よろしくお願いします。


 ご参考のために

こひつじクリニックの医師について
http://yasushikomatsu.blog.jp/archives/9219965.html

自己紹介
http://yasushikomatsu.blog.jp/archives/9085998.html

こひつじクリニックのテレビ番組の販売を開始します。
http://yasushikomatsu.blog.jp/archives/9356957.html

 在宅医療のレベルを上げるために、超音波検査はかなり有力な武器になります。
 在宅ではX線単純写真もCTもMRIもとれません。

 ふだんの家庭での診療では、自分の中にある、なけなしの医学知識をハイスピードで検索しつつ、自分の五感を駆使して、正しい現状把握や診断にたどり着こうとするわけです。使う道具と言えば、せいぜい聴診器ぐらいで、苦戦が確実なゲリラ戦のような様相です。

 私は、病院に勤務していた頃に超音波検査を時々やっていて、腹部エコーについては日常診療に最低限必要なレベル程度はできます。あと、内頸静脈から中心静脈カテーテルを入れる際にエコーガイド下でやっています。
 在宅医療でも、エコーぐらいはないと話にならないと思って、こひつじクリニックを始める時にこんなエコーの機械を買いました。
 コニカミノルタの SONIMAGE P3 です。
no title

 けっこう使える機械で、重宝しています。

 この機械をさらに日常的に活用すべく、エコーのできる技師さんに来ていただいて、患者さんのお宅を回って検査をしていただきたいと思っています。
 月に1回か2回、終日または半日で、できれば定期的に来ていただきたいと思っています。
 腹部、心臓、乳腺、甲状腺、血管、その他、お持ちのスキルに応じて活躍していただけると思います。
 お給料やその他の条件については、相談して決めていきましょう。
 どうぞお気軽に yasushikomatsu@yahoo.co.jp までお問い合わせください。

 こひつじクリニックでは、担当している訪問患者さんが増えてきたことにともない、SE(システムエンジニア)的な人を募集します。
 今、職員が手作業的にこなしている仕事を、できる限り自動化、機械化して効率化したいと考えています。
 機械やコンピューターができるような単純作業は極力、機械にやらせて、人間は人間でなければできない仕事をするようにしたいのです。

 目標としてはとりあえず以下のようなものを考えています。
  ・電子カルテから情報を自動で収集して、様々な処理を行う。
  ・患者さんや家族も電子カルテを読んだり書いたりできる。
  ・会計、請求業務を自動化する。
  ・発注や在庫管理を自動化する。
  ・経理部門の各種計算や分析を自動でリアルタイムにする。
  ・訪問診療のスケジュールの自動化
  ・職員同士のコミュニケーションツールの改良
  ・ホームページの改善

 大きい夢、高い理想かも知れませんが、できるところから少しずつ取り組んでいただければと思います。

 小さい診療所ですし、SEの資格はなくてもいいと思っています。

 ・好奇心があって、いろいろなことにチャレンジするのが好きな人
 ・独創性のある人
 ・型にはまらず、常識にとらわれず、自由な発想のできる人
 ・コンピューターや機械を触るのが好きな人
 ・プログラミングに興味のある人

 これらの条件のひとつでもふたつでも当てはまる方で、上記のような仕事に興味のある方であれば歓迎いたします。

 在宅勤務も可能です。

 条件については相談の上決めていきましょう。

 こひつじクリニックでは、病気、障がい、高齢による体力低下などで外出が困難になった方の外出や旅行を積極的に支援しています。
 病気などで外出ができなくなると、人とのふれあいが少なくなり、気分は落ち込みがちとなり、夢も希望もなくなり、体力は低下し、認知症も進んだりします。そうなるとさらに外出が難しくなるという悪循環に入ってしまいます。
 でも、そんな患者様でも、外出できたりすると、いっぺんに若返り、元気になり、前向き、積極的に毎日を送ったり、闘病できるようになったりするんです。
 患者様のこんな、すばらしい体験を手伝ってくださるボランティアを募集します。患者様が心から喜ばれて、感謝してくれて、元気になっていかれる姿を見るのはとても感動的ですよ。患者様から教えてもらうことも多いですし、患者様から勇気や希望をいただくこともあります。
 患者様のお出かけの際にはこひつじクリニックのスタッフも同行します。ボランティアの方には車いすを押してもらったり、患者様のお話し相手になっていただきたいと思っています。何の資格もいりません。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

↑このページのトップヘ