小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

カテゴリ: 趣味

 で紹介しましたが、今日は「第1回HAT 神戸マラソン2018」がありました。

 結論から書くと、何とか、やっとの思いで5時間53分0秒で完走できました。
 いちおう、自己記録更新です。

 で書きましたが、15日前の福知山マラソンでは 24.7km の地点で制限時間オーバーで失格になってしまったのですが、今回は走り切りました。
 5時間53分というのは、しょぼい記録と思われるかも知れませんが、私にとっては、血と汗と涙の結晶です。


<成功の要因>
 昨夜の体重は 62.9kg と福知山の時よりも少し軽くなりました。
 また、15日前に福知山で約 25km 走ったのが、トレーニングになって、今回、持久力が向上したのかも知れません。
 HAT 神戸マラソンでは、海沿いのコースでまったく平坦なので、少し風が強かったのですが、いい記録が出やすいのかも知れません。


<今後の予定>
 今までは1年に2回、マラソンに出ていたのですが、もう少し多くしてもいいかも知れません。
 自分にとって最適なペース配分を知りたいです。(今日も前半で飛ばし過ぎて失速したので)
 コンスタントに6時間を切れるようになるのが、一つの目標です。


no title

 昨日の福知山マラソンが制限時間オーバーで 24.7km で打ち切りになってしまって、どうにも不完全燃焼なので、12月8日の神戸でのマラソンでリベンジします。
 制限時間は6時間です。
 何とか6時間以内で完走できるようにがんばります。
 体重を 61-62kg に落とすことによって、走れるようになるのかが、今回の注目ポイントです。
 15日の間隔でマラソンに出ることも、初めての体験で、何が起こるか楽しみです。
 自分の体でいろいろ実験してみます。

no title

 こんな海沿いの1周 4km のコースを10周 + 2195m 走ります。

 私は、昨年も福知山マラソンで走って、5時間54分59秒で完走できました。これが私の自己記録です。
 昨年は 25km までは、7分/km 以下で走り続けられました。25km では2時間55分ぐらいのタイムでした。

 今日は、コンディションは悪くないし、自己記録の更新ができたらいいなと思って臨みました。
 ところが、今日は 10km までは7分/km を維持できたのですが、その後どんどんペースが落ちてしまいました。
 24.7km のところで関門があったのですが、制限時間を超えてしまって失格になってしまいました。
 この距離での制限時間は3時間21分だったのですが、私の記録は3時間24分とオーバーしてしまったのです。

 今日あまり走れなかった原因を自分なりに考えてみました。
 (1) 昨年は、体重は 61-62kg だったのですが、昨夜体重を測ってみたら 65kg になっていました。体重が増えてしまったために下肢の筋肉の疲労が早くなったような感じがします。
 (2) 今日は、少し気になる患者様がおられて、必要があればすぐに薬などを処方できるように iPad をリュックサックに入れて、それを背負って走りました。リュックの肩バンドが首に擦れて痛くなったりして、少し走りにくいということはありました。大した重さではないので、記録にはあまり影響してないようにも思いますが、関係した可能性はあります。

 今日のマラソンはとても残念な結果でした。
 体重を落として、またチャレンジします。

 2018年5月29日の記事で、患者様の御家族からメダカを分けていただいて、こひつじクリニックの看護師が飼うことになったと書きました。
2018/5/29 患者さんのご家族からメダカをいただきました。

 そのメダカから2代目が生まれました。その記録が以下の記事です。
2018/6/24 メダカの赤ちゃん(訂正です)
2018/8/8 メダカの成長記録

 なんと、その2代目から3代目が生まれました。

no title

1
2

 メダカって、けっこう増えるもんなんですね。

 どこの合唱団かと言うと、神戸大学医学部混声合唱団(仮称)です。

 1950〜60年台には、神戸大学医学部(当時は神戸医大)には男声合唱団があって、活発に活動されていたそうです。
 とても優秀だったようで、いろんなところで賞をもらったり、いろんなところで歌ったりしてたようです。
 でも残念なことにその後合唱団は立ち消えになってしまいました。

 1986年頃、神緑会男声合唱団として、30年ぶりぐらいに活動が再開されました。
 神緑会とは神戸大学医学部の卒業生でつくられる会(同窓会)です。
 学生の頃に合唱に打ち込んでいた方々が、40〜50代になってまた合唱をしたいということで集まったのです。
 私が学生の頃(1984-1990)に、どんなきっかけだったかおぼえていないのですが、お誘いをいただいて、神緑会男声合唱団に加えていただきました。
 20〜30歳ぐらい年上の先生方に混じって歌わせていただきました。神戸文化ホールでの毎年のリサイタルで何度かステージに立たせていただきました。とても楽しい貴重な体験でした。
 けれども、中心メンバーの高齢化などに伴い、2000年頃に、この神緑会男声合唱団も立ち消えになってしまいました。

 ところが、今年、また合唱をしたいというメンバーが集まって、活動を再開する気運が高まってきています。
 とりあえず、10月末の小さいステージに向けて練習を始めたところです。
 80代の大先輩から学生までを含む合唱団です。
 私は今日初めて練習に参加させていただきました。
 レベルの高い方が多くて、どんどん曲が仕上がっていくので、楽しいです。
 男声合唱には、独特の響き、力強さがあって、おもしろいのですが、今回生まれ変わった混声合唱もいいものですね。
 今後が楽しみです。
 可能な限り、練習や本番に参加させていただきたいと思っています。

 今日、神戸のみなとのもり公園でリレーマラソンの大会がありました。
 中小企業家同友会の宝塚のメンバーが中心の Freedom というチームの一員として走ってきました。
 無事に完走しました。記録は写真のとおり、3時間5分47秒です。
 立派な記録でしょ。自分をほめてあげたいって感じです。

 公園内の1周 450m のコースを93周と 345m 走ります。
no title

 うちのチームの人数は11名でした。
 11名で、自由に走る順番や距離を決めてリレーをして、完走を目指すのです。
 うちのチームは1周走ったら、次の走者にタスキを渡すというやり方で走りました。
 450m を全力疾走して、次の走者に交代します。ほかの走者が走っている間に休憩して、また順番がきたら 450m 全力疾走するのです。
 私は10回走りました。合計 4.5km です。私は1周を平均2分で走りました。
 うちのチームの記録から計算すると、うちのチームの1周の平均所要時間は 119秒でした。なので、私は、うちのチームのちょうど平均レベルの走りをしたことになります。

 一人で走るマラソンも充実感、達成感があっていいのですが、リレーマラソンも楽しいですね。仲間と共につらい思いをしながら、苦労しながら、大きい目標に向かって、がんばるのです。走っている時は、確かに少ししんどいのですが、ほんとに楽しく、いい汗をかけました。

1

 いっしょに走ったチームのメンバーです。黄色のシャツが私です。

 ちなみに、優勝チームの記録は1時間45分ぐらいだったと思います。一人マラソンの世界記録よりもはるかに速いです。時速 20km よりも速いスピードです。
 目の前を超高速のランナーが次々と駆け抜けていくのですが、ほんとにすごいですね。これは同じ人間なのかと思ってしまいます。どうやったらこんなに速く走れるんでしょうね。誰か教えてください。

 ブログの設定を変えられることがわかったので、少しいじってみました。

 本文の部分は変わってません。

 まずは「記事の検索」ができるようにしました。検索すると、過去の記事の中から、入力したキーワードを含む記事が表示されます。

 最新記事は過去20件が表示されるようにしました。

 人気記事の欄では、過去35日間のページビュー数累計の上位20位の記事が表示されるようにしました。

 記事に直接飛ぶことのできるQRコードが表示されるようにしました。

 アクセスカウンターは、毎日のページビュー数を過去60日間分、グラフで表示するようにしました。

 これで、より使い勝手がよく、興味深いブログになってくれたらいいのですが。

 ※上記の設定はパソコンで見た場合のものです。スマホ画面、携帯画面では異なります。

 ご意見、ご感想があれば、お寄せください。

 2018年5月29日の記事で、患者様の御家族からメダカを分けていただいて、こひつじクリニックの看護師が飼うことになったと書きました。
2018/5/29 患者さんのご家族からメダカをいただきました。

 6月24日の記事では、そのメダカから赤ちゃんが生まれたことを報告しました。
2018/6/24 メダカの赤ちゃん(訂正です)

 今日は、その後の成長のようすを報告します。

 7月7日の写真です。
 no title

 拡大しました。
1

 7月12日の写真です。
 新しく生まれた赤ちゃんもいるようです。
2

 拡大しました。
3

 7月20日の写真です。
4


5

 7月29日の写真です。
6

7

 かわいいでしょ。すくすくと成長しています。

 4月30日にブログを始めて、毎日の更新を続けてきました。
 日記をつけたこともないし、ほとんどのことが3日坊主になってしまう私がよく続けてこれたものだとも思います。
 人に読んでもらうために文章を書くというのは、刺激的な楽しいことですね。
 文章を書くことは、自分のためにもなります。
 書くことによって、自分の中の考えがより具体的になり、より深められます。
 書きたいネタはまだまだたくさんあります。
 面白くない記事のことも多いかも知れませんが、これからもどうぞお付き合いください。
 良かったら、ご意見、ご感想、ご質問などをコメントに書いていただけるとうれしいです。

 ※ 23:55 頃投稿しました。

 私はノートパソコン派です。
 パソコンって、進歩のスピードが速いので、時間がたつとすぐ古くなります。故障することもあるし、時々買い換えることになります。そんな時デスクトップのパソコンだと、なんか処分するのがめんどうなんですよね。
 そんなわけで、私はいつもノートパソコンです。Yahoo オークションで、型落ちのものを発売時の値段の 10〜20% ぐらいの金額で買ってました。
 マッキントッシュは洗練されている感じでかっこいいのですが、中を自分でいじれない感じが強くて好きになれませんでした。なので、私の買うのはいつも DOS/V でした。
 OSはと言うと、最初の頃は MS-DOS でした。Windows 3.1 はほとんど使ったことはなくて、その次は Windows 95 でした。その後、Windows Me のころまで、ずっと Microsoft の Windows を使っていました。
 15年ぐらい前に勤めていた病院の同僚の医師に「Microsoft の製品なんか使ってたらだめですよ。裏で何をされてるかわかりませんよ。」と言われました。ユーザーの情報を Microsoft が勝手に集めて、何に利用されるかわからないというのです。その先生が使っていたのが Linux(リナックス)でした。
 面白そうだと思って、Linux を使い始めました。
 Windows ではソースコードは公開されていませんが、Linux はオープンソースです。
 Windows はブラックボックスで Linux はガラス張りです。中身はすべて見ることができます。
 Windows では中で何が行われているかわからないし、情報が抜き取られて、どこかに送られていてもわかりません。ですが、Linux ではガラス張りなので、悪意のある人が何か悪い仕掛けを仕込むことはできません。
 Windows は値段が高いのですが、Linux は無料です。
 私が Windows を使っていた頃には、ハードウェアにかけるのと同じぐらいの金額をソフトウェアにもかけるものだと誰かが言っていて、そんなものなのかなと思っていたのですが、Linux を使うようになってからは、ソフトウェアには原則的にはお金をかけないようになりました。
 Windows だとウイルス対策が必須ですが、Linux だと、OS のアップデートやセキュリティー関係の設定をきちんとしていれば、ウイルスの心配はほぼありません。

 ということで私は Linux 歴、約15年です。原則 Windows は使いません。

 Linux にも種類がいくつかあります。最初は Vine Linux、次は Plamo Linux を使っていたのですが、10年以上前から、実用性、信頼性、安全性が高く、使いやすい Debian Linux を使っています。
 Linux はカスタマイズの自由度が非常に高いです。いろいろ試して好みの環境を作っていくことができます。
 私が今、特に気にいっているのが、awesome という window manager です。パソコンで作業をする時にいくつかのソフトを立ち上げることがあると思いますが、この window manager は、タイリングウインドウマネージャーと言って、作業中のウインドウをタイルのように並べて、画面全体にすき間なく自動的に並べてくれるのです。ウインドウの配置やリサイズを自動的にやってくれるので、ウインドウの裏に別のウインドウが隠れてしまうことがありません。画面のスペースを無駄なく全部使えるので、とても快適です。

↑このページのトップヘ