小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

カテゴリ: 家族

 昨日の記事ではネコが2匹しか登場しませんでしたが、ホントはもう一匹いるんです。
 ちゃんと紹介しないと悪いかなと思ったので、書きます。

 一番最近うちにやってきたネコでチャコです。メスです。
no title

 ちなみに昨日紹介したネコですが、最初にうちにやってきたメロです。メスです。
PAP_0001
 ちなみにネコの下にいるのは人間で、私の次男です。

 これが2番目にやってきたソラです。この子もメスです。
PAP_0002

 ネコにも個性があって、一匹ずつかなり性格が違うんです。面白いですよ。
 また、おいおい書いていきますね。

 ペットとして飼うならあなたはイヌ派ですか、ネコ派ですか。

 私はイヌもネコも飼ったことがなかったのですが、飼うならイヌと思ってました。
 だって、イヌの方が飼い主に対して忠実だし、飼い主になつくし、態度や行動で考えていることがわかりやすいでしょ。
 それなのに、ちょっとしたきっかけがあって、10年ぐらい前にネコを飼い始めることになってしまいました。飼い始めるまでは知らなかったのですが、ネコも飼ってみるとかわいいもんですね。

PA0_0013

 ネコはマイペースで、人にこびません。なでてあげるからこっちおいでと言っても知らん顔です。それなのに、おなかが減ったら、頭をこすりつけてきて餌を要求したり、遊びたい時だけ寄ってきたり、寒い夜には勝手に布団に入ってきていっしょに寝たりします。しつけが悪いのか、時には部屋の隅のトイレではないところにおしっこをしたりもします。
 まったく、マイペースのネコに振り回されっぱなしです。ネコはどこまでも利己的なんでしょうね。上手に周りの人間を利用して、気楽に生きているようです。PAP_0001

 こんないたずらをしたり、悪いことをして悩ましてくるネコなのに、でもやっぱりかわいいんです。家族の一員として大切な存在なんです。
PA0_0005
PAP_0002


 話は大きく変わりますが、神様と人間の関係も、飼い主とネコの関係とよく似ていると思うんです。
 人間は神様に対して、ふだんはそっぽを向いて生きていて、困った時だけ神頼みをしたりします。利用したい時だけ、利用しようとするのです。それでも、手のかかるネコがかわいくてしかたがないように、神様もどこまでも私たちを、大切に思ってくださり、家族のように迎えようとしてくださっているのです。
PA0_0008

 マイペースのネコを飼うようになって、神様がどれほどの愛で愛してくださっているかが、少しわかるようになりました。神様を身近に感じることができるようになりました。

↑このページのトップヘ