今日は5月16日に書いた記事
「毎日が大吉です。(その1)」(http://yasushikomatsu.blog.jp/archives/9337673.html)
の続編です。


<因果応報の神ではありません。>

 世の中の多くの宗教の神様は、たいてい因果応報の神です。
 いいことをしたらいいことが起こる。悪いことをしたら悪いことが起こる。バチが当たる。

 でもキリスト教の神様、聖書の神様はそうではないんです。

 聖書 ヨハネの福音書の第9章には生まれつき盲目の人が出てきます。
 イエスの弟子たちはイエスに質問します。「この人が生まれつき盲目なのは、この人が罪を犯したせいですか。この人の親が罪を犯したせいですか。」
 するとイエスは答えます。「この人の罪のせいでも、親の罪のせいでもありません。ただ神の栄光がこの人の上に現れるためです。」
 このあと、イエスが盲人の目を癒やして見えるようになり、この人も周りにいた人も、神様に感謝して、神様をたたえたのです。

 このように、不幸なできごとの原因は、私たちが悪いことをしたということではないのです。

 「毎日が大吉です。(その1)」で書いたように、神様は私たちに対して、常に平安、将来、希望を与えるための計画を持ってくださっています。
 「私はカーナビが好きです。」(http://yasushikomatsu.blog.jp/archives/9623886.html)
に書きましたが、私たちが道を間違えたとしても、失敗しても、つまずいて倒れたとしても、常に寄り添って、いつでも最善の選択肢を示し続けてくださる方なのです。励まし、希望を示してくださる方なのです。
 決して、私たちの弱さ、間違い、失敗を責め立てて、バチをあてる、苦しみを与えるような神ではないのです。

 何か不幸なできごとが起こった時に、自分を責めることが一般に私たちにはよくみられるように思います。
 「私が〇〇さえしなければ、こんなことにはならなかったのに」
 「私が☓☓しなかったから、こんなことになったんだ。」
 でも、私たちの行動が不幸なできごとの原因と思わなくてもいいんです。

 もちろん、自分の不節制や不注意や罪などの直接の結果として、不幸なことが起こることはあるでしょう。ですが、そのような場合でさえ、神様は冷たく突き放すのではなく、立ち直ることができるように、支え、導いてくださるのです。

(続く)