今日はクリスチャンネタです。

 以下の文章は2011年に書いたものです。
 2ちゃんねるの掲示板で

>クリスチャンは排他的。
>熱心に信仰したり活動してる人じゃないとついていけない空気を醸し出している

 との書き込みがあったので、それに対して書きました。

 わかりにくいところがあるかも知れません。
 ご意見、ご感想、ご質問などお気軽にお寄せください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>クリスチャンは排他的。
>熱心に信仰したり活動してる人じゃないとついていけない空気を醸し出している

 クリスチャンは傲慢になりやすいと思います。
 自分は神様の側にいるのだから、絶対正しい。自分はこんなに一生懸命に神様を信じ、従い、仕えているのだから、自分は神様から見て優等生だと思い込みます。
 神様を信じない人や、神様に対して熱心でない人には、その人を正してあげないといけないとか、教えてあげないといけないとかいうふうに考えがちです。
 イエス・キリストが人として生きておられた時代には、パリサイ人や律法学者がそういう人たちでした。

 私もかつてはそんな人間でした。今でもよほど気をつけていないと同じような失敗を繰り返してしまいます。
 クリスチャン生活上の事柄について、自分はできているのに、それができていない人を見つけると、だめなクリスチャン、悪いクリスチャン、劣ったクリスチャンとさばいてしまって、それがその人に対する言動にあらわれてしまうのです。
 自分がどんなにひどい罪人だったか、そして、そんな罪人であった私でさえイエス様は無条件に愛してくださり、十字架上で命を投げ出してくださったということを思う時に、自分には人をさばく資格はないとつくづく思わされます。
 人間の目から見て、信仰生活的に優れた人、劣った人という判断はあるかも知れません。でも、神様の目から見たら五十歩百歩でしょう。さばきあったり、優越感や劣等感に翻弄されるのは、ナンセンスです。
 人はそれぞれ違ったものとして、神様につくられています。どんな人にも、長所があり、短所があるのです。神様は私たちにさばき合うことを求めておられるのではなく、愛し合い、仕えあい、励ましあうことを求めておられます。この世の教会で、またクリスチャンの集まりでこれが実現したら、どんなにすばらしいでしょう。
 クリスチャンとは言っても、罪を赦された罪人にしか過ぎません。罪の性質は残っていますから、死ぬまで罪を犯しつづけるでしょう。生きているうちに、罪のない、完全な状態に達するクリスチャンはいないと思います。だから、悲しいことですが、クリスチャンは、これからもずっと排他的であり続けるでしょう。でも、自分は排他的になりやすい人間であるとか、パリサイ人的になりやすい人間であるという自覚があれば、また、その教会や、クリスチャングループにその自覚があれば、主に癒しや解決を祈り求めることができます。そうなれば、ずいぶんその空気は変えられるのではないかと思います。
 クリスチャンでない方には、分かりにくい文章になったかも知れません。ごめんなさい。