訪問診療している患者様なのですが、89歳の女性の方がおられます。
 訪問するといつも「年はとるもんじゃないねえ。なんとなくしんどくって、重くって、だるくって。昔はこんなじゃなかったんだけどね。年をとるといいことが何もない。」とおっしゃいます。ユーモアのある方で、言い方は深刻ではなくて、笑顔で言われるんですけどね。そしてこうおっしゃいます。「20歳、若返る薬をください」と。
 「20歳若返る薬ですか。そんな薬があったらいいですね。どうしたらいいでしょうね。」と私は返しました。

 この記事を読んでおられるあなたなら、このおばあさんにどう答えますか。

 私はこの方といろいろお話して、この方の喜ばれそうなことがわかってきました。この方の希望に、私のアイデアもくっつけて、こんなプランを考えてみました。

 ★★ ちゃんとお化粧して、きれいな服を着て、
     イケメンの若い人といっしょにお出かけする。 ★★

 長いこと化粧もしてないと言われる方ですが、こんなことが実現したら20歳ぐらい、いっぺんに若返るのではないかと期待しています。
 私の思いつくアイデアはこの程度のものなのですが、あなたにはもっと素晴らしいアイデアはないですか。何かあれば、ぜひ教えてください。