<成長について(1)>
 〜〜神様は、私たちの成長のために試練を与えられる。〜〜

2018/12/25 診療、看護、介護に生かす聖書の人間観(その16)
 に書きましたが、神様は、私たち一人ひとりを愛しておられて、平安、将来、希望を与えるための計画を立ててくださっています。
 この計画の中で、神様は、私たちを成長させたいと考えておられます。
 私たちが成長することによって、私たちはより大きい、深い幸福にあずかれるようになるのです。

 神様はどのようにして人を成長に導かれるのでしょうか。

2018/6/29 毎日が大吉です。(その7)
 神様は愛する子に試練を与える。
 聖書:ヘブル人への手紙12章5〜11節
 に書きましたが、神様は愛する子に試練を与えられます。

 神様は、私たちを愛してくださっているのですが、神様が、私たちを幸福にするために用意してくださっている計画の中では、私たちは、平らで、障害物のまったくない、整備された道に導かれるわけではないのです。
 そうではなくて、山あり、谷あり、時には非常に険しいところを通されます。
 また道にはいろいろな障害物が置かれています。
 こんな障害物があって、本当にこれを越えて前に進めるのだろうかと思われるような障害物です。
 時にはつらくて、涙が出たり、そこでうずくまったり、倒れたりするかも知れません。
 途方にくれることもあるかも知れません。
 でも、大ピンチの時、自分の力ではもうどうしようもないという時に、神様からの助けや解決がもたらされるのです。

 障害物にぶち当たって、もがいて、どうしようもなくなった時に、神様からの助け、解決でその障害物を無事のりこえる。
 この過程を通して、私たちは一段階、成長するというわけです。
 一つ障害物をのりこえると、しばらくするとまた別の障害物、神様からの課題が与えられます。
 人生は、これの繰り返しです。
 難しいステージをクリアーするたびに、私たちは成長していくのです。

 神様は、ベストなコーチであり、トレーナーです。
 トレーニングや練習というものは、簡単過ぎる、また、軽すぎるものであっては効果はないでしょう。
 逆に、負荷が重すぎる、また、難しすぎるというものでも、有効なトレーニングにはなりません。
 神様は、私たちの状態に応じて、ちょうどいいぐらいの課題を次々に用意してくださるのです。