<神はどのような方か(1)>
 〜〜全知全能 全宇宙の創造主〜〜

 神様は、全宇宙を造られました。

 こんな本があります。

no title

 この本は、リー・ストロベルというジャーナリストが、いろいろな分野のクリスチャンである専門家から取材をして書いた本です。
 天文学者、物理学者、生化学者、分子生物学者などの専門家が登場します。
 自然科学が進歩して、新しい知見が得られれば得られるほど、この宇宙や、地球、それに地球上の生物が、偶然に出現したと考えるのは、非常に無理がある、ありえないことだという結論に達するというのです。
 たとえば、
 自然科学の進歩により、たくさんの自然法則、物理法則が見つかっています。これらの法則の中には定数があるのですが、この定数が実際の値と少し違った値になるだけで、人間はもちろん、すべての生物が生きることのできない宇宙(地球)になってしまうそうです。人が生きられる世界となるためにはこれらの定数が非常に精密に調整される必要があるというのです。

 神様は、人が生きることのできる環境を作るという目的で、全宇宙を作り、すべての自然法則を定め、すべての定数を調整されたのです。

 現在、進化論を信じている人が多いのですが、科学が進歩するほど、その知見は創造主の存在を示すということが起こっているのです。

 上記のほかにもたくさんの、創造主の存在を示す根拠がこの本では述べられています。理系の人、科学の好きな人には、興味の持てる、わかりやすい本だと思います。ぜひ読んでみてください。


ローマ人への手紙 1章20節
神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。