ある人から、貧乏ゆすりって、腰痛や膝の痛みに効果があるのって質問されました。
 そんなこと、聞いたことがなかったので、ちょっと調べてみました。
 すると、貧乏ゆすりをすることによって、股関節や、膝の関節で、良い刺激となり、関節軟骨の再生が促されて、痛みが改善したり、機能が改善したりする効果が見られる場合があるらしいということがわかりました。
 おそらく、まだ、きちんとした臨床研究として、効果が確認されたわけではないのでしょうが、実際にその効果を示唆する症例がいくつもあるようです。

 貧乏ゆすりという、非常に関節に対して負担の少ない運動によって、そのような素晴らしい効果が得られるのなら、試してみる価値はおおありでしょうね。

 貧乏ゆすりによって、股関節や膝関節に良い効果がある可能性はかなり高いような気がします。
 それだけでなく、エコノミークラス症候群(正式には肺動脈血栓塞栓症)の予防、下肢の浮腫の改善の効果はおそらく確実にあるでしょう。
 下肢の血液循環が良くなることによって、冷え症も改善しそうです。

 けっこういろいろな効果が期待できる一方、副作用はほとんどなさそうです。
 貧乏ゆすりで何か悪いことがあるとしたら、見た目が悪いので、人から変に思われたりするぐらいでしょうか。

 膝の痛み、股関節の痛み、腰痛、下肢のむくみ、冷え症でお悩みの方がおられたら、ただでできて、リスクのほとんどない貧乏ゆすりを、だめもとで、しばらく試してみられてはいかがでしょうか。

 私の患者様にも勧めてみようと思っています。
no title