<私たちはみんな変わり者>

 私は変わり者ですと題してここまで書き進めてきました。
 私が変わりものであることに同意してくださる方は少なくないのではないかと思います。
 ですが、実は私たちは誰でもみんな一人残らず変わり者だと思うのです。
 なぜかと言うと、神様が私たちを一人ずつ違う存在として造られたからです。
 世界に何十億の人がいたとしても、あなたと同じ人は一人もいません。あなたはまったく唯一の存在、ユニークな存在なのです。
 あなたには、ほかの誰と比べても、必ず違うところ、変わったところがあるわけです。

 同質であること、均一であることを良いこととする世の中かも知れません。
 人と比べて変わっていることを、悪いことと考えて、恥ずかしく思ったり、隠そうとしたりすることが多いのかも知れません。
 でも、神様はわざわざそれぞれの人に、ほかの人と変わっているところを造られたのです。
 私たちは、人と違っている部分、変わっている部分を恥ずかしがったり、隠そうとしたりするのではなく、それを積極的に受け入れたらいいのだと思います。それを大切にし、それを喜んだらいいのだと思います。
 私たちは、自分の変わっている部分を出し惜しみしないで、積極的に活用して、もっと大胆に自由に生きていいのではないでしょうか。
 自分の長所を押し殺して、人と同じ生き方をするよりは幸せになれるのではないかと思います。

(「私は変わり者です。」終わり)