2018年5月16日〜7月9日、「毎日が大吉です。」のシリーズを書きました。
 (その1)から(その11)まであります。
 このシリーズの中心のテーマは、「私たちにふりかかる苦難や逆境には、どんな意味があるのか」ということです。
 各記事の内容を簡単に紹介します。


2018/5/16 毎日が大吉です。(その1)
 序文。
 神様の計画は私たちに将来、平安、希望を与えるためのもの。
 聖書:エレミヤ書 29章11節

2018/5/31 毎日が大吉です。(その2)
 因果応報の神ではありません。
 生まれつきの盲人の話(ヨハネ9章)
 不幸なできごとの原因は自分ではない。

2018/6/1 毎日が大吉です。(その3)
 神様はすべてを益に変えてくださる。
 聖書:ローマ人への手紙8章28節

2018/6/10 毎日が大吉です。(その4)
 「人は悲しみが多いほど 人には優しくできるのだから」(海援隊)
 どのようにしてマイナスの経験がプラスに変わるか。
 逆境、苦難の効能

2018/6/17 毎日が大吉です。(その5)
 逆境、苦難の効能
 聖書:ローマ人への手紙5章3〜5節

2018/6/25 毎日が大吉です。(その6)
 耐えられないような試練は起こらない。
 聖書:コリント人への手紙第一 10章13節

2018/6/29 毎日が大吉です。(その7)
 神様は愛する子に試練を与える。
 聖書:ヘブル人への手紙12章5〜11節

2018/7/1 毎日が大吉です。(その8)
 喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。
 聖書:ローマ人への手紙12章15節

2018/7/5 毎日が大吉です。(その9)
 私たち一人ひとりは体の別々の器官のようなもの
 聖書:コリント人への手紙 第一 12章12,14-27節
 人間集団の理想のあり方について

2018/7/8 毎日が大吉です。(その10)
 神様は、私たちにあえて「弱さ」を与えられる。
 聖書:コリント人への手紙 第二 12章 7-10節
 逆境、苦難というものは、できごと、境遇、環境という点で与えられた神様からの「弱さ」ということもできると思います。

2018/7/9 毎日が大吉です。(その11)
 まとめ