小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

<医療、福祉業界で従事する私たちは、どう生きていくか。(2)>
 〜〜弱い人、弱い立場の人を守る。〜〜

 に書きましたが、神様は、弱い人、弱い立場の人の味方です。

 弱い立場の人は、苦しんだり、困ったりしていても、自分から声を上げることもできません。
 でも、それらの方の心の叫びを神様はしっかり聞いておられます。
 私たちは、日々の業務の中で、そのような弱い立場の人と頻繁に出会います。
 弱い立場の人の、困っていること、苦しんでいること、つらいことを知ることのできる立場にいるわけです。

 神様は、すべての人を愛しておられますが、弱い立場の人については、特に気をかけておられます。
 私たちも、弱い立場の人に対しては、特に注意して、積極的に話を聞いたり、問題解決のために考えたり、実際に行動していきましょう。

 弱い立場の人を神様が大切にされるように、私たちも大切にしていくなら、神様はそれを喜んでくださいます。
 そのような思い、行動を通して、私たちの幸福度も上がり、私たちも次第に成長に導かれるのです。

 また、弱い立場の人の周囲にいる人々も、その弱い人を尊重し、その人の人生を大切にする過程を通して、成長していくのです。

 同様に地域社会が、弱い立場の人を大切にするなら、その過程を通して、地域社会も成長していきます。

 医療、福祉業界のスタッフが、まずは弱い立場の人を大切にして、その次の段階として、地域社会にも働きかけて、ともに弱い立場の人を守っていけたらと思います。



<医療、福祉業界で従事する私たちは、どう生きていくか。(1)>
 〜〜どんな状態の人であっても、神様が本当に愛されている方。大切に接したい。〜〜

 ここまで、このシリーズでは、聖書を土台として、人間について考えてきました。
 聖書が人間についてどう語っているか、聖書の人間観がどのようなものか、ある程度見えてきたのではないでしょうか。

 これらをふまえて、医療、福祉業界で従事する私たちは、どのように生きていったらいいのでしょうか。
 これらの知識を、どのように日々の診療、看護、介護などの仕事に生かしていったらいいのでしょうか。

 基本的な原則がいくつかあげられると思います。

(1)どんな状態の人であっても、神様が本当に愛されている方。大切に接したい。

 私たちが、業務で接する方々は、本当に多種多様です。
 いろいろな性格の人がおられるし、今まで歩んでこられた道すじもさまざまです。
 それぞれ、いろいろ得意なことを持っておられるし、すばらしい足跡を残してこられていることでしょう。
 それと同時に、それぞれがいろいろな弱さを持っており、罪があり、今までの人生の中で傷と思われるものを持っておられるはずです。
 神様は、どのような人も愛し、受け入れておられます。
 私たちも、まずは無条件に、目の前の患者様、利用者様を愛し、受け入れましょう。
 罪や弱さがあっても、赦しましょう。
 一人の人間として、認め、受け入れましょう。
 その方の価値観を尊重し、その願い、希望、夢の実現のために力を尽くしたいと思います。

2019/1/29 診療、看護、介護に生かす聖書の人間観(その37)
 で書いたこととも関連しますが、
 病状が悪くなったり、高齢になったりしたために、ADLが落ちて、自分からあまり動けないような状態になったとしても、社会とのつながり、周りの人とのつながり、交流ができるだけ広く、深くなるようにしましょう。
 文化的な潤いのある生活が維持できるようにしましょう。
 できることが少なくなっても、その方でなければできないような役割をになってもらえたらいいですね。
 どんな状態になっても、ほかの人のために何かをすることができるのではないかと思います。ほかの人に何かを伝えたり、何かを残したりできるはずです。
 それらのことが生きがいになっていくかも知れません。
 人は人間関係の中で成長しますし、死ぬまで成長を続けるのです。



 こひつじクリニックでは、2か月に1回認知症サポーター養成講座を行っています。
 これは一般の方向けの講座です。
 一般の方が認知症についての知識を深めて、認知症の方やそのご家族をサポートできるように。
 そして、認知症の方が地域で安心して暮らしていける社会になっていくことを目的としています。

3


 次回は2月27日(水)10:00〜11:30 です。
 場所は、こひつじクリニック(兵庫県川辺郡猪名川町若葉 1-30-10)です。
 予約は不要です。
 どうぞ、関心のある方はお集まりください。

<四つの死>

 今日は「四つの死」をテーマに書きます。
 この概念は、直接聖書から派生するものではないのですが、聖書の価値観とぶつかるようなものではないし、このシリーズの内容につながるものなので、紹介します。

 数年前にアルフォンス・デーケン先生の講演を聞きました。
 この先生は、上智大学名誉教授で、専門は死生学です。
 先生の講演の中で、人間には四つの死があると聞きました。

 第一は心理的な死です。
 私なんか、生きていてもしょうがない。何もする気が起こらない。などのような心理状態になったなら、それは心理的には死んでいることになります。

 第二は社会的な死です。
 社会から切り離され、人と会わず、会話せず、行動をともにすることもなく、心を通わせることもないような状態です。
 また、社会的な役割、責任がなくなり、社会的にはその存在がゼロとみなされるような状態です。
 このような状態になったら、社会的には死んでいることになります。

 第三は文化的な死です。
 生きているにもかかわらず、芸術に触れることも、文化的な営みに関わることもないような状態になる場合があります。文化的な潤いと無縁な状態になったら、それは文化的に死んでいることになります。

 第四は生物学的な死です。
 これは心臓が止まった時に起こる死です。

 在宅療養をされる方や在宅ホスピスの患者さんなどの療養生活の質を上げるためには第一〜三の死についても、留意していく必要があるのです。



2018/9/26 目次の目次
2018/8/5 記事一覧

 今年最初のマラソンは、3月30日の「第2回なにわ淀川フルマラソン」です。
no title

 昨年もこのマラソンを走りました。6時間15分ぐらいのタイムだったと思います。
 最近、忙しくてあまり走れてないので、今回はあまり記録は狙わずに走ろうと思います。
 完走できれば、良しとします。

 その次のマラソンも決めました。
 4月14日の「第10回記念三木防災スプリングマラソン大会」です。
 1周約 6km のコースを回るみたいです。
 3月30日のマラソンで体が目覚めて、4月14日に記録を出すというふうになればいいのですが。

 どうなったか、また報告します。

↑このページのトップヘ