小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

 こひつじクリニックでは、現在、以下の各職種の方を募集しています。
 ご応募、お問い合わせはこちらまで。
  お電話:0120-96-8323
  FAX:03-6800-5879
  メール:yasushikomatsu@yahoo.co.jp


(1)常勤医師

(2)非常勤医師(眼科、皮膚科)

(3)常勤看護師

(4)非常勤看護師

(5)旅行・外出支援のための登録看護師

(6)外出支援ボランティア









2019/1/24 こひつじクリニックの看護師が、特別支援学級の中1の生徒さんのスキー合宿に同行してきました。



 現在、書いている途中のシリーズです。

<シリーズを始めるにあたって>


<ペーシング>

no title



2018/9/26 目次の目次
2018/8/5 記事一覧

2018/5/11 こひつじクリニックの医師について
 で当クリニックの医師の紹介をしました。

 その後、医師の異動があったので、情報を更新しました。

 まずは私、小松です。院長です。内科、外科、緩和ケア内科の担当です。麻酔科標榜医でもあります。
 内科については全般に対応します。
 外科分野では外傷の処置、褥瘡の処置、爪関係の処置などを行います。在宅で、胸腔や腹腔の穿刺、皮膚腫瘍切除などの小手術、中心静脈カテーテル留置なども行います。さらに、手術後の状態のチェック、術後のドレーンなどの管理、気管切開、胃瘻、人工肛門、尿道カテーテルなどの管理もできます。
 緩和ケア内科分野では、癌などの病気による痛み、はきけ、咳、息苦しさ、その他のつらい症状を和らげます。必要に応じてモルヒネなどの麻薬を使います。持続皮下注射もします。在宅ホスピスが可能です。患者さまが希望されるなら、最期まで家で過ごすこともできます。最後の日々を、住み慣れた家で、家族に囲まれて、温かい雰囲気の中で過ごすことができます。

 非常勤の医師は3名います。どの医師も当クリニックでは外来をするのではなく、訪問診療に回ります。

 一人目は耳鼻科の先生です。
 毎週水曜日に回ります。
 硬くなってとれなくなった耳垢をとったり、ファイバースコープで耳、鼻、のどの診察をしたり、ファイバースコープを使って嚥下障害についての評価をしたりします。もちろん、これらのことが在宅でできます。漢方治療も得意です。内科全般についての診療もします。

 二人目は内科、精神科の先生です。
 毎週金、土曜日に訪問診療に回ります。

 三人目は精神科の先生です。
 毎月第4火曜日に回ります。


 現在は以上の医師の体制でやってます。
 上記以外の科でも、地域からの要望が多い場合は医師を採用していきたいと思っています。
 ご意見、ご要望をお寄せください。

 こひつじクリニックから直線距離で 16km 以内(下の図の円内)のところであれば、訪問診療できます。
no title

 必要があれば、お気軽にご相談ください。









2019/1/24 こひつじクリニックの看護師が、特別支援学級の中1の生徒さんのスキー合宿に同行してきました。




<シリーズを始めるにあたって>

no title

 で、この本を紹介させていただきました。
 この本には、コーチングの特に有用なスキルが実例をまじえて非常にわかりやすく書かれています。
 コーチングのためのスキルということではありますが、これらはより良いコミュニケーションを行うためのスキルです。
 この本を読んでから、私の、人とのコミュニケーションは劇的とも言っていいほど進歩したと思います。今でもこの本に書いてあったことを実践しています。
 これらのスキルを忘れないために、シリーズの記事として書いておこうと思います。
 きっと、これを読んでくださるあなたにも役に立つと思います。
 この本はもう一般の書店では手に入らないのですが、アマゾンなどでは中古で手に入るかも知れません。



2018/9/26 目次の目次
2018/8/5 記事一覧

<このシリーズを一言でまとめると>

 人は誰でも弱さがあり、罪があり、人に迷惑をかけてしまう存在。
 けれどもそんな状態でも神に愛され、赦される。
 だから私たちも互いに愛しあい、赦しあい、支え合って生きていきましょう。
 そうすれば、私たちは成長し、私たちの地域、社会も成長し、みんなが幸せになることができます。



↑このページのトップヘ