小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

最近、少し忙しくて「書きかけです。」が多くなっています。

 右の「最新記事」や「人気記事」から、記事にジャンプしてください。

 「カテゴリ別アーカイブ」では、カテゴリー別で記事が最新のものから表示されます。

 ちなみに「人気記事」の欄では、過去35日間のページビュー数累計の上位20位の記事が表示されます。
 「アクセスカウンター」では、毎日のページビュー数が過去60日間分、グラフで表示されます。
2018/8/13 ブログの模様がえをしました。


 検索機能もご利用ください。
2018/12/12 小松邦志ブログの検索機能について


 こちらもどうぞ。
2018/8/5 記事一覧
2018/9/26 目次の目次
2018/9/28 「クリスチャンとして考えていること」記事一覧


こひつじクリニックホームページ

 この会は市立川西病院が主催している勉強会です。
 今回の講師は淀川キリスト教病院緩和医療内科主任部長の池永昌之先生でした。
 講演のタイトルは「あなたが大切にしていることを、医療や介護でも大切にしていくために」でした。
 中心の話題はACP(アドバンス・ケア・プランニング)でした。

 ACPについては、先日も勉強会に行ってきました。

 今日も、具体的、実践的なお話があり、勉強になりました。

 いよいよ、こひつじクリニックでもACPを意識した取り組みを始めていきたいと考えています。

 患者さんの価値観、人生観、希望をあらかじめできるだけお聞きしておいて、実際の医療や介護において、それが実現していくようにするのです。
 そのための具体的手順としては

 (1)代理決定者を明確にする。
 代理決定者とは、患者様の病状が進行してはっきり意思表示ができなくなった時に、患者様に代わって、患者様の希望を推定して、意思表示をする役割の人です。この人は、患者様の価値観をよく知っている必要があります。

 (2)患者様、代理決定者、医療スタッフが顔を合わせて、患者様の価値観や希望について語り合う。
 予定を組んで、集まって話をするという場合もあるでしょうし、日常の診療の中で、ざっくばらんに語り合うという場合もあると思います。
 ざっくばらんに語り合う場合でも、ACPを意識して、ポイントをおさえて、記録をしていく必要があります。
 うちのクリニックの場合は、1回で仕上げるというよりは、何回かに分けて徐々に仕上げていく形がいいのかも知れません。

 (3)1回決めたらそれで終わりではなく、時々、気持ちや意志に変化がないか、確認する。



 今日の勉強会では、もしバナゲームというものが紹介されました。
 一種のカードゲームです。
 患者様自身が、自分が何を大切にしたいと思っているのか、考え、整理するために、有効で便利なツールだと思いました。これも取り入れてみようと考えています。

<ペーシング>

 これは、自分を相手に合わせることです。
 相手の雰囲気、話すスピード、声の大きさ、トーン、身振り、言葉遣いなどに、自分をできるだけ合わせるのです。

 もし、相手が悲しそうにしゃべっているのだったら、自分も相手に合わせて悲しそうな口調で話すのです。
 楽しそうにしゃべってくるのなら、自分もそれに合わせて同じような口調、雰囲気で返すのです。

 このように、相手に合わせることで、相手は、親密さを感じ、話を聞いてもらった、共感してもらったと感じることができるのです。



<アイスブレイキング>

 出会い頭の緊張状態をほぐして、話をしやすくするために、アイスブレイキングというスキルがあります。
 文字通り、緊張という氷を溶かすためのスキルです。

 まず、笑顔で挨拶をします。
 このことは、「私はあなたを歓迎しています。」というメッセージを行動によって相手に伝えることになります。

 次に、もし初対面の相手であれば、自己紹介をします。

 そして、「小さな承認」をします。
 相手を観察して、なにか良いものを見つけて、それを言葉に出して相手をほめるのです。
 たとえば、「今日のセーターの色は決まってるね」と服装についてほめたり、「顔色がいいですね。」とか、ちょっとしたことでいいので、相手をほめるのです。
 このことにより、相手の心の緊張が解けて、良いコミュニケーションにつながっていきます。



<アイコンタクト>

 良いコミュニケーションのための第一歩は、アイコンタクト、すなわち視線を合わせることです。
 視線を合わせることによって、「あなたを認めていますよ」、「私はあなたのお話を聞きたいです。」というメッセージを行動によって相手に伝えることになります。
 自分の目の高さを相手の目の高さに合わせることも大切です。
 座る位置関係としては、真正面から向かい合う(180°)よりは、45°ぐらいの角度が一番、緊張せず、話しやすいようです。


↑このページのトップヘ