小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

<人間は神様に創造された。(3)>
 〜〜神様はなぜ私たちを造られたのでしょうか。〜〜

(2)目的を持って

 創世記にはこう書かれています。

創世記 1章26~27節
神は仰せられた。「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。」
神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。


 神様が人間を造られた第一の目的は、私たちに自然界、被造物を支配、管理させるということなのです。

 私たちは、神様が造られたこの美しい地球、大自然を賢く管理できているでしょうか。
 あまりそうなっていないかも知れませんね。

 雄大な自然の中にいると、人は、その美しさに感動し、心が穏やかになり、いやされていきます。
 人間をはるかに超える存在を感じ、自分のちっぽけさを感じます。
 大自然の中にいると、どんなに大きい問題で悩んでいたとしても、自分の問題がとるにたりない、ささいなもののように思えてきたりするのではないでしょうか。

 神様が、私たちを創造された一つの目的のように、私たちがこの地球、この大自然を賢く管理できたらいいですね。
 大自然の美しさに感嘆し、その精巧さに驚き、神様の愛と力を感じ、神様をたたえます。

 人類が、大自然と調和して生きられるといいと思います。


詩篇
8篇
3,あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、
4,人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。
5,あなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。
6,あなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、万物を彼の足の下に置かれました。
7,すべて、羊も牛も、また、野の獣も、
8,空の鳥、海の魚、海路を通うものも。
9,私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。



 全宇宙を造られたほどの神様が、小さいとるにたりない人間に心を留められるのは、驚くべきことです。

 で紹介しましたが、今日は「第1回HAT 神戸マラソン2018」がありました。

 結論から書くと、何とか、やっとの思いで5時間53分0秒で完走できました。
 いちおう、自己記録更新です。

 で書きましたが、15日前の福知山マラソンでは 24.7km の地点で制限時間オーバーで失格になってしまったのですが、今回は走り切りました。
 5時間53分というのは、しょぼい記録と思われるかも知れませんが、私にとっては、血と汗と涙の結晶です。


<成功の要因>
 昨夜の体重は 62.9kg と福知山の時よりも少し軽くなりました。
 また、15日前に福知山で約 25km 走ったのが、トレーニングになって、今回、持久力が向上したのかも知れません。
 HAT 神戸マラソンでは、海沿いのコースでまったく平坦なので、少し風が強かったのですが、いい記録が出やすいのかも知れません。


<今後の予定>
 今までは1年に2回、マラソンに出ていたのですが、もう少し多くしてもいいかも知れません。
 自分にとって最適なペース配分を知りたいです。(今日も前半で飛ばし過ぎて失速したので)
 コンスタントに6時間を切れるようになるのが、一つの目標です。


no title

<人間は神様に創造された。(2)>
 〜〜神様はなぜ私たちを造られたのでしょうか。〜〜

  (1)愛する対象として創造された。
 
 神様は、全宇宙を造られ、すべての自然法則を造られ、地球という環境を造られ、すべての生物を造られたような、想像を絶する知性と力を持った方です。まさに全知全能です。
 神様は、人間とはまったく違う、まったくかけ離れた存在です。
 神様は単独でももちろん存在できる方なのですが、愛する対象を望まれました。
 そこで人間が創造されたのです。
 神様と人間とが、愛し合い、心を通わせあい、大切にしあい、信頼しあい、感謝しあうようになるようにと期待して、人間を創造されたわけです。



エレミヤ書 31章3節
主は遠くから、私に現れた。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、誠実を尽くし続けた。

<人間は神様に創造された。(1)>
  〜〜私たちはみんな神様に造られた。〜〜

 すべての人は、神様によって創造されました。

 旧約聖書の一番最初に書いてありますが、最初の人間であるアダムはもちろん神様によって作られ、生きるものとされました。
 すべての人間はその子孫です。
 私たち、一人ひとりには、父親がいて、母親がいて、この世に生を受けたわけですが、この過程の際にも神様が関わっておられます。

 神様は、私たちが生まれる前から、私たち一人ひとりのことを知っておられて、大切な存在として、この世に送り出してくださったのです。
 神様が、その生に関わっていないような人、神様に見つめられていない人は一人もいません。



創世記 1章26~27節
神は仰せられた。「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。」
神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。


詩篇
22篇
9,しかし、あなたは私を母の胎から取り出した方。母の乳房に拠り頼ませた方。
10,生まれる前から、私はあなたに、ゆだねられました。母の胎内にいた時から、あなたは私の神です。

 ある人から、貧乏ゆすりって、腰痛や膝の痛みに効果があるのって質問されました。
 そんなこと、聞いたことがなかったので、ちょっと調べてみました。
 すると、貧乏ゆすりをすることによって、股関節や、膝の関節で、良い刺激となり、関節軟骨の再生が促されて、痛みが改善したり、機能が改善したりする効果が見られる場合があるらしいということがわかりました。
 おそらく、まだ、きちんとした臨床研究として、効果が確認されたわけではないのでしょうが、実際にその効果を示唆する症例がいくつもあるようです。

 貧乏ゆすりという、非常に関節に対して負担の少ない運動によって、そのような素晴らしい効果が得られるのなら、試してみる価値はおおありでしょうね。

 貧乏ゆすりによって、股関節や膝関節に良い効果がある可能性はかなり高いような気がします。
 それだけでなく、エコノミークラス症候群(正式には肺動脈血栓塞栓症)の予防、下肢の浮腫の改善の効果はおそらく確実にあるでしょう。
 下肢の血液循環が良くなることによって、冷え症も改善しそうです。

 けっこういろいろな効果が期待できる一方、副作用はほとんどなさそうです。
 貧乏ゆすりで何か悪いことがあるとしたら、見た目が悪いので、人から変に思われたりするぐらいでしょうか。

 膝の痛み、股関節の痛み、腰痛、下肢のむくみ、冷え症でお悩みの方がおられたら、ただでできて、リスクのほとんどない貧乏ゆすりを、だめもとで、しばらく試してみられてはいかがでしょうか。

 私の患者様にも勧めてみようと思っています。
no title

↑このページのトップヘ