小松邦志ブログ

小松邦志がふだん考えているいろいろなことを順不同で書きます。  医学、医療のこと、旅行のこと、クリスチャンとして考えていること、趣味のこと、政治のことなどが主な話題になると思います。

<さいごに>

 「メディカル・サポート・コーチング入門」という本に書かれていることから、すべての人にとって役立つであろう部分を、紹介させていただきました。

 コーチングとは、コーチがクライアントと対話する中で、クライアントの本当の希望、願いを聞き出し、クライアントと共に実行可能な目標を設定し、それが実行されるようにフォローアップするというものです。

 コーチングをする上で、基本的な技能となるものが、コミュニケーションのスキルです。
 この、コミュニケーションのスキルの部分は、私にとって、とても役立つものでした。
 患者さんや御家族との対話においてはもちろん、家族との対話でも、そのほかの人との対話でも、とても有用でした。

 スキルというと、心が伴っていなくても、実行できるものではあります。
 たとえば、ペーシングとか、オウム返しとか。
 相手が悲しそうな話し方をしていたら、自分も悲しそうな口調でしゃべるとか、相手の言葉の一部をそのまま相手に投げ返すとかいうことは、別に心が伴っていなくてもできます。
 心が伴っていなくても、そのようなしゃべり方をすれば、相手は共感してもらったと感じてくれるのです。
 私は、もともと鈍感で、人の気持ちのわかりにくい人間です。
 たぶん、今でも、私のそんな性質は変わっていないと思います。
 でも、このようなコミュニケーションスキルが、それなりに身について、ふだんからいつも実践していると、周りの人は、私のことを、話を聞いてくれる人、共感する能力の高い人と勘違いしてくれるようになります。
 いつしか、自分でも自分のことを勘違いしかけています。
 私の本質は変わっていませんが、実際に、私という人間がそのように成長してきているのかも知れません。
 形から入れば、心がついてくるというふうにも言えるかも知れません。

 まだまだ、私も発展途上で、これらのコミュニケーションスキルが完全に身についているわけではありません。
 忘れてしまうこともあるので、時々見て思い出せるようにするためにも、このシリーズ記事を書きました。

 このシリーズ記事を読んでくださったあなたにとっても、これらの情報が、参考になり、人間関係を改善させ、あなた自身を成長させるものとなるなら、うれしく思います。

 よかったら、ご意見、ご感想、ご質問などのコメントをお寄せください。



<伝えるスキル(6)>
 〜〜一時停止〜〜

 コーチングでは、相手の話をさえぎらずに最後まで聴くのが基本です。
 ですが、コーチングでも、相手の話の途中で割って入り、話を中断させることがあります。
 どんな時にそうするかと言うと、明らかに相手が話すべきテーマから軌道をはずれ、だらだらと意味のない話に時間を費やしていると、コーチ側が判断した時です。
 たとえば、ただ単に時間を浪費しているだけの愚痴、行動を起こすことから逃避するための言い訳などです。
 時には愚痴を心の中から話すことで、気持ちが浄化されたり、癒やされたりすることがありますので、一概に愚痴を言い出したらだめというのではありません。
 これは直感に頼る部分も大きいのですが、聞いているあなたが、これ以上この話を続けていても、相手に何の益ももたらさないと感じた時に使います。

 「話の途中で失礼ですが、言い訳はここまでにしませんか。」
 「申し訳ないけれど、これ以上、愚痴を続けるのはやめましょう。」
といった具合に、ちょっと断りの枕詞を入れると、一時停止しやすくなります。

 シチュエーションや相手との親密度によってはストレートに
 「ねえ、もうそろそろ次に進んでいきませんか?」
 「ごめんなさい、この話題は、これ以上話しても無益だと思う」
と話を遮ってもいいでしょう。

 時間切れで、話を中断しないといけない時には
 「大変言いにくいのですが、今日は時間がこれ以上とれませんので、次回に聞かせていただけますか?」
 などのように言えるでしょう。

 こんな枕詞を使うと言いでしょう。
 「話の腰を折るようで、申し訳ないのですが、」
 「お話の途中で、すみませんが」

 一時停止をするのは、あくまでも相手のことを考えて、相手の益のためだということは心する必要はあります。



 4月3日(水)に眼科の先生が、訪問診療に回ってくれることになりました。
 本当は、眼科にかかりたいが、いろいろな事情で通院が難しいと言われる方は、お知らせください。
 当クリニックから直線距離で 16km 以内の方であれば、ご自宅まで眼科医が訪問いたします。

 この地図が当クリニックから半径 16km の範囲です。
no title

 ご自宅での診療ですので、病院や眼科診療所のような設備や器材を使用できません。
 ご自宅では本格的な診療は難しいのですが、眼科専門の医師が診察することによって、今後の眼科診療についての方向性や方針が明らかになってくると思います。
 ぜひご利用ください。

 4月3日の次の眼科訪問日は未定です。



 2018/7/23 ネッツトヨタで勉強会が始まります。
 でご案内しましたが、2018年9月からこんな勉強会が始まっています。

 場所はネッツトヨタ神戸のネッツテラス猪名川のショールームです。
 医療、福祉関係のテーマでみんなで話をしようというイベントです。
 毎週金曜日の14〜16時です。
 私は毎月第2金曜日を担当することになっています。

 4月12日の14〜15時は「60代、70代の女性に多い病気について」と題してお話します。

 どなたでもご参加いただけます。
 どうぞお越しください。 





2018/8/5 記事一覧
2018/9/26 目次の目次

<伝えるスキル(5)>
 〜〜要望する〜〜

 コーチングとは、相手が自分自身の中から答えを見つけ出すためのサポートです。
 ですので、コーチ側からの意見やアイデアを強く勧めるは極力避けるのが基本です。
 ですが、日常の私たちのコミュニケーションにおいては、相手に何かを強く勧めたり、要望したりという場面があると思います。
 要望する時に、注意すべきポイントがいくつかあります。

 まず、これは要望であるということを伝えます。
 「私から一つ要望があります。」
 「これは、あくまでもこちらからの要望なんだけれど、」
 などのように、枕詞で明示します。

 要望する内容は簡潔に伝えます。
 この時、できるだけ「具体的な行動」を要望するように心がけます。
 たとえば、
 「これは私の要望なのですが、今週中にタバコを半分に減らしてもらいたいのです。やってもらえますか?」
 「一つ要望があります。その資料の作成をこの3日間で完成させてほしいのです。やってくれますか?」
 という感じです。

 「具体的な行動」とは、やったかどうか確認が可能である行動のことです。
 このような具体的な要望や提案をすると、相手が行動しやすいと言えます。
 コーチングでは、こちらから提案や要望をしても、それを受け入れるかどうかは、完全に相手の自由です。
 相手との対話の中で、提案や要望が全面的に受け入れられなくても、
 「ここまでならできる」
 「こんなふうになら可能だ」
 といったように、一部分だけ、もしくは少しアレンジして受け入れてくれるという場合もあります。

 相手が要望を受け入れた場合には、必ず、その行動の結果を確認する場を設けるようにします。
 要望しっぱなしではなく、その結果を報告する機会を設定しておくことが、行動の効果をさらに高めます。


↑このページのトップヘ